【子供用水筒】洗いやすい直飲みタイプのおすすめ水筒|1リットル?1.5リットル?使いやすい水筒は?

水筒と帽子 子ども・育児

幼稚園や小学校に入る時期や暑くなる時期に子どもの水筒はどんな水筒が良いか、どれが良いかいろいろありすぎて悩むことがあります。

水筒は飲み口や大きさ、容量も種類があるのでお子さんが使いやすい水筒を選ぶことがポイントになります。

ここでは、よく使われている水筒と実際に使ってみた洗いやすく使いやすいおすすめの水筒をご紹介します。

これから水筒の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

よく使われている主な水筒

いろんな水筒

幼稚園、小学校でよく使われている主な水筒にはこのような水筒があります。

  • スケーター
  • サーモス
  • タイガー
  • 象印
  • ピーコック など

各メーカーではこのような水筒を扱っています。

スケーター

人気キャラクターの水筒が多数揃っているメーカーで、幼稚園~小学生まで幅広い年齢層で使えるラインナップが魅力です。

サーモス

子どもから大人まで愛用者の多いサーモス。幼稚園~小学生まで使えるかわいらしいデザインのものや少し落ち着いた雰囲気のデザインまで幅広く展開しています。

タイガー

カッコいい&おしゃれな雰囲気のデザインの水筒が多いタイガーの水筒。幼稚園年長さん~小学生まで長く愛用できます。

象印

かわいいデザインのものから落ち着いた雰囲気のデザインまで幅広く展開している象印。幼稚園年長さん~小学生まで長く愛用できます。

ピーコック

シンプルなデザインからかわいいデザインの水筒まで幅広く展開しているピーコック。幼稚園年長さん~小学生まで長く愛用できます。

それぞれのメーカーによってデザインや水筒のつくり、大きさが異なるのでお子さんの好みに合わせて選ぶと良いと思いますが、デザインだけでなく使いやすさも重視したいですよね。

使いやすい水筒とはどんなものか?実際に使ってみた感想も含めて、使いやすい水筒についてここで見ていきたいと思います。

子どもが使いやすいのは直飲みタイプ

直飲みタイプの水筒

水筒には直飲みとコップを使うタイプの2つがあり、1つの水筒で2つ使える2WAYタイプの水筒もあります。

ここで迷うのは直飲みとコップとどちらが良い?ということですが、実際には直飲みタイプを好むお子さんが多いようです。

幼稚園・小学校によってはコップで飲むことも

幼稚園・小学校でコップ使用を推奨する場合も子どもたちは直飲みの方が使いやすいと感じているようです。

実際に幼稚園でコロナ対策の一環で直飲みではなくコップ使用を指定されていた時期がありましたが、子どもたちは直飲みの方が良いという子が多かったように感じます。

小学校に入って直飲み使用になると、直飲みの方が良い!飲みやすい!と言う子も多くやはり直飲みの方が使いやすいと感じる子が多いようです。

幼稚園年長さんまでは500ml水筒を使う方が多い

幼稚園の室内と水筒

水筒の容量についてみてみると、幼稚園年長さんまでは500ml水筒を使う方が多いです。

理由としては、毎日の持ち歩きで大きすぎると子どもの負担になることが大きく、幼稚園は基本的に14時ごろにはお迎えになるので、500ml水筒で足りる方が多いということがあります。

夏の暑い時期は足りない分を小さめの水筒に入れて持たせる形で、幼稚園期は500ml水筒を使う方が多いです。

子どもの水筒1リットルへの買い替え時期

小学校に入学すると幼稚園のときよりも学校で過ごす時間が少し長くなるので、水筒も少し大きめを用意される方が多いです。

実際には1リットルの水筒を用意することが多く、1.5リットルの水筒を持ち歩くお子さんもいますが1.5リットルの水筒は意外に重いという点があります。

学校では普段の授業でも水筒を持ち歩くことが多く、遠足や校外学習でも常に水筒を持ち歩くことになるので重さの点からも小学校入学~3年生くらいまでは1リットルの水筒を使う方が多いようです。

子どもの水筒1.5~2リットルの買い替え時期

1.5~2リットルの水筒を使い始める時期としては、小学校4年生ごろから、もしくはクラブ活動に入る時期から使い始める方が多いようです。

体力面から大きめの水筒を持ち歩きやすくなる時期、水筒の使用頻度が多くなるタイミングがポイントになるようです。

持ち歩きができて、水筒をたくさん使うお子さんの場合は小学校低学年から使い始める方もいるので、お子さんと相談して選ぶと良いと思います。

【中まで手洗いできる】洗いやすいおすすめの水筒

実際に使ってみたおすすめの水筒は、タイガー サハラ ステンレスボトル(1リットル)です。

ケースは丸洗いが可能でケースの横に手を差し込むことができ、片手でも楽々飲むことができます。

また、広口ボトルで手を入れてスポンジで洗うことができるので、ボトル用のスポンジを使わなくても良い点もおすすめしたいポイントです。

パッキンもやわらかめで洗いやすく、装着後も漏れやすいといったこともなく親子で快適に使っています。

横にしてランドセルやカバンに入れると水滴や中身が漏れる可能性があるため、ランドセル等に入れる場合はできるだけ縦にしておくことをおすすめします。

まとめ

子ども用の水筒はメーカーによってさまざまなデザイン、大きさ、種類があるのでどれを選んだら良いか分からないと迷ってしまうことがありますが、ここでは実際に使ってみた感想・おすすめの水筒についてご紹介しました。

水筒の大きさについては、幼稚園期・小学校入学後でお子さんの使用状況を見ながらお好みに合わせて選んでみると良いと思います。

小学校入学後は広口ボトルで洗いやすく、お手入れも簡単という点では「タイガー サハラ ステンレスボトル(1リットル)がおすすめです。

お手入れのしやすさだけでなく子どもも持ち歩きやすくとても気に入っているのでぜひ参考にしていただけたらと思います。

↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました