マンション購入と賃貸はどちらが良い?メリット・デメリット|マンションを購入した理由

リビング・ダイニングの風景 マンション購入

マンションには賃貸マンションと分譲マンションなどの購入するタイプのマンションがありますが、賃貸と購入どちらが良いのか分からない、何が違うの?と疑問に感じることがあると思います。

賃貸も購入もどちらもメリット、デメリット面があり向き不向きがあるのでどちらが合うのかじっくり検討したいところです。

ここでは、マンション購入と賃貸はどちらが良い?おすすめ?メリットデメリットを実際にマンションを購入した体験も含めてご紹介していきたいと思います。

賃貸マンションとマンション購入の違い

家の玄関

賃貸マンションとマンション購入の違いには主にこのようなポイントがあります。

賃貸マンションとマンション購入の違い
  • 住宅ローンの借り入れ審査の有無
  • 初期費用の違い
  • 専有部分のカスタマイズ性の有無
  • 資産性の有無

住宅ローン借り入れ審査の有無

賃貸マンションとマンション購入で大きな違いというと、マンション購入では住宅ローンの借り入れ審査が必要なことです。

マンションを購入する際は多くの方が住宅ローンを契約して売り主さんへ支払いますが、ここで審査が通らないとマンション購入へと繋がらないという点があります。

一方、賃貸マンションでは住宅ローンを利用することはないので審査を受けることはないという点があります。

初期費用の違い

賃貸マンション、マンション購入では初期費用が異なります。

初期費用の例
  • 賃貸マンション・・・敷金、礼金、仲介手数料 他
  • マンション購入・・・頭金(手付金)、登記費用、火災保険、消費税(新築物件)、仲介手数料(中古マンションなど)他

マンション購入では住宅ローン審査の他に、初期費用で頭金や登記費用などが必要になってきます。

一般的には、ファミリータイプの賃貸マンションで初期費用はだいたい50万円前後、マンション購入では購入費用の7~10%程度が初期費用として必要になってきます。

例えば5,000万円のマンションを購入する場合で、初期費用が400~500万円前後必要になるということになります。

賃貸マンションに比べ、マンション購入の方が初期費用の負担が大きくなる傾向があります。

専有部分のカスタマイズ性の有無

賃貸マンションでは室内や玄関前、ベランダなどの専有部分を勝手にリフォームしたり工事を行うことはできませんが、マンション購入の場合は、好きな設備を導入したりカスタマイズ性が高くなるという違いがあります。

資産性の有無

賃貸マンションでは家賃を支払い続けても自分の資産として残すことはできませんが、マンション購入では毎月ローンを支払い資産として残すことができるので資産性があるのは購入の方ということになります。

賃貸マンションのメリット

賃貸マンションのメリットについてはこのようなポイントがあります。

賃貸マンションのメリット
  • 入居時の初期費用を抑えられる。
  • 引っ越したいタイミングで引っ越ししやすい。
  • 不具合がある場合は管理会社にすぐ直してもらえる。
  • 税金がかからない。

賃貸マンションのデメリット

賃貸マンションのデメリットにはこのようなポイントがあります。

賃貸マンションのデメリット
  • リフォームができない。
  • 退去時に原状回復に費用がかかることがある。
  • 資産として残らない。

マンション購入のメリット

マンション購入のメリットにはこのようなポイントがあります。

マンション購入のメリット
  • リフォームしたい場所があれば工事が可能。
  • 税制の優遇措置が受けられる。
  • 生命保険に加入するので万が一に備えられる。
  • 資産性がある。

マンション購入のデメリット

マンション購入のデメリットにはこのようなポイントがあります。

マンション購入のデメリット
  • 住宅ローンの審査に通らないと購入できない。
  • 固定資産税の支払いが発生する。
  • 管理費、修繕積立金の支払いが発生する。
  • 設備の不具合は自分で修理の手配と費用負担が必要。
  • 引っ越ししたいタイミングで引っ越しできない。

賃貸物件からマンション購入を決めた理由

賃貸マンションとマンション購入にはそれぞれメリット・デメリットがあることを理解した上で、マンションを購入することになりました。

マンション購入を決めたポイントにはこのような点があります。

マンション購入を決めたポイント
  • セキュリティ面で安心感がある。
  • 資産性がある。
  • 向こう3年以上家賃を支払い続けるなら初期費用に充てたい。
  • 住み替え時は売却すれば住宅ローン残高によってはプラスになる。

マンション購入ではやはりセキュリティ面がしっかりしている物件も多く、設備も賃貸物件よりもグレードの高い設備を使っていることが多いです。

また、今のまま家賃を数年支払い続けるよりも、その分を初期費用に充ててマンションを購入した方がマンションを売却する際、住宅ローンの残高によってはプラスになる可能性もあるといった点もポイントでした。

今から3年後にマンション購入を、となった場合、その間に支払った家賃は返ってこないので今、マンションを購入して初期費用に充てたいという流れになりました。

また、売却時に住宅ローンの残高よりも高い金額で売却できた場合は、次の住み替えの費用に充てることもできるので、その可能性も考えてマンション購入を選びました。

戸建てではなくマンションにした理由とは

今回、マンションを購入するにあたって賃貸の戸建て物件からマンション購入ということになったのですが、やはり戸建て物件は駐車場も家の前にあり、子育て中の身としてはとても住みやすくメリットを多く感じました。

マンション購入ということになりましたが、戸建てではなくマンションを購入した理由にはこのようなポイントがありました。

戸建てではなくマンションを購入した理由
  • 資産価値が下がりにくい。
  • 住み替え時売却しやすい。
  • セキュリティ面で安心。

理由として大きかったのは戸建て物件よりもマンションの方が住み替え時に売却しやすいという点が大きなポイントでした。

戸建て物件は、入居時から年を重ねるごとに資産価値が下がっていく傾向が大きいことに対し、マンションは入居後5年、10年と経っても資産価値が下がりにくく売却しやすい傾向があるのだそう。

エリアによっては若干異なる場合もありますが、子育て世代に人気のエリアや転勤が多い方が住むエリアではマンションの方が買い手が見つかりやすいとのことでした。

こういった点から、賃貸の戸建て物件からマンション購入へと至りました。

まとめ

賃貸マンションとマンション購入のメリット・デメリット面については、さまざまな面がありますが、大きく分けてみると、初期費用や維持費の違い、住宅ローンの有無、資産性の有無、カスタマイズ性の有無といったことがあります。

賃貸マンションの方が初期費用や維持費をおさえて入居できますが、資産性はないので家賃を支払い続けてもマンションを手元に残すことはできません。

一方、マンション購入では初期費用や維持費は賃貸よりも少しかかりますが、マンションを手元に残すことができます。

また、売却時に住宅ローン残高よりも高い売却額になる場合は売却益を住み替えの費用に充てることもできます。

賃貸マンションでは、設備の不具合が起きた場合は管理会社に修理を依頼するので費用負担は基本的にありませんが、マンション購入では自身で修理を手配し費用を負担することになります。

賃貸マンションか、購入かについては、あとどのくらい住み続けるか?で判断しましたが、初期費用や住宅ローンの支払いを考えると、あと3~5年以上今のエリアに住み続ける場合は購入を検討しても良いのではと思います。

今回はマンション購入の体験をもとにご紹介しましたが、やはり大事にしたいのは不動産会社の方とじっくり相談して納得して進めることだと思います。

ぜひ、これから賃貸マンションを契約するか、マンション購入かメリット・デメリットを知りたい方は参考にしてみてくださいね。


↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました